仕事のお悩み解決所

ADHDが原因で仕事をクビに出来るかを考える

2017.6.12

ADHDの症状は、まだ広く知られていない傾向にあります。

そのため、ADHDの症状が理解されないまま仕事をクビにされるというケースが後を絶ちません。

そもそも、ADHDの症状が原因となり、仕事をクビに出来るかということを考えた場合は、とても難しい判断にはなるでしょう。

ADHDが原因となり仕事をクビに出来るかを考えてみましょう。

ADHDが原因となり仕事をクビに出来るかは会社の判断次第

ADHDが原因となり仕事をクビに出来るかは、実はその会社次第だと言えます。

実際に、ADHDの症状が原因となり会社を辞めざるおえない状況になったという事例は、とてもたくさんあります。

自分自身は、仕事を続けていきたいという気持ちが強くても、会社側が雇用を続けることができないと考えた場合は、会社都合で退職を命じることになってしまうのです。

つまり、ADHDの症状を判断するのは個人ではなく会社次第だと言え、与えた仕事を続けることができないと判断した場合には、簡単に退職を命じる判断になってしまうでしょう。

こうした会社の判断に全てを任せてしまうことは、ADHDの症状から考えれば仕方がないことだと言えます。

しかし、退職を命じることにまで発展してしまう前に自分自身で行っておく対策もあることは知っておくべきでしょう。

ADHDの症状で仕事をクビに出来るかを考える前に

ADHDの症状が原因となり、会社をクビに出来るのかを考えながら仕事を続けることは、精神的にも良いものではないでしょう。

ADHDは、仕事においては不注意によるミスが多くなってしまうことが考えられます。

何度言っても同じミスをしてしまうこと、仕事の期限を守れないといった症状が目立ってしまいます。

こうした症状は、自分でコントロールできるものではなく、気が付いたときには仕事の期限が近付いていたという状況になってしまうのです。

症状をごまかして仕事を続けている人もたくさんいるかもしれませんが、クビになることを恐れながら仕事を続けていくよりもまずは自分から進んで症状を会社側に伝えることも重要なことなのです。

症状を理解してもらい、会社にその症状を納得してもらうことができれば、クビになることなく仕事を続けていくことができるでしょう。

ADHDの症状で仕事をクビに出来るかどうかは本人の行動にも大きく影響してくる

ADHDの症状を伝えるときには、できるだけ早目の方が良いでしょう。

可能であれば、その会社に入社をする前に、ADHDの症状を伝え、さらにADHDの症状について会社側にしっかり知ってもらうように心がけましょう。

もし、会社側がADHDの症状について理解してくれれば、安心して仕事を続けることができるだけではなく、会社側も本人ができる仕事かどうかの判断をして指示ができるようになります。

ADHDの症状だけではなく、体の悩みなど多くの問題を抱えて仕事を続けている人は決して少なくはないでしょう。

会社をクビになるという理由で、その症状を伝えることに抵抗を感じながら仕事を続けているでしょうが、やはりどのような症状でも仕事に影響があると判断されれば会社側には早目に伝えることが大切なのです。

自分自身だけの問題ではないということを理解しておきましょう。

ADHDの症状は理解されにくい面があるが会社側を説得させる努力も大切

ADHDの症状を伝えることで、希望している会社に入社ができないということもあるかもしれません。

そのため、ADHDの症状を隠して仕事を続けている人も多くいるのです。

会社をクビになれば当然、収入はなくなり生活に困ってしまうという事態になってしまいます。

しかし、症状を隠したまま仕事を続けることは、自分自身にも会社側にも大きなリスクがあるのです。

隠して仕事を続けることは、会社を裏切る行為にもなってしまうことを理解しましょう。

そのため、重要なことはADHDの症状をまずは会社側にしっかり理解してもらえるように説得する知識を得ることです。

自分自身でもADHDの症状でどのようなリスクが考えられるのかを事前に把握しておき、そのリスクを会社側に説明できるようにしておきましょう。

後は、会社側の判断にゆだねることにはなりますが、入社してからのトラブルは間違いなく防ぐことができます。

ADHDの症状で仕事をクビに出来るかはお互いの理解が大切

ADHDの症状は、多くの人が理解できないでいます。

それは、会社内でも同じことが言え、仕事の不注意などが頻繁に発生することや、物忘れなどが酷くなってしまうことは性格的な部分であると判断されてしまうでしょう。

しかし、ADHDは病気であることをまずは理解してもらい、さらにどのような症状が起こり、会社側にとってどのようなリスクが発生する可能性があるのかを理解してもらいましょう。

その症状の説明は、できるだけ早い方が良いでしょう。

入社してからその症状を伝えた場合、会社側が仕事をクビに出来るか可能性は高くなってしまいます。

入社を行う前に、ADHDの症状を伝えそして理解してもらうことで、自分自身にとっても会社側にとってもリスクは回避できるようになるでしょう。

ADHDの症状は、お互いの理解が必要になります。

説得には時間がかかるかもしれませんが、自分が希望して入社する会社であればなおさら事前の理解を求めることが大切になります。

 - 部下に対するお悩み