仕事のお悩み解決所

職場に若い女性!嬉しいと喜ぶ男性に対して女性がとるべき態度

2017.6.13

職場に若い女性が入ってくるとなると、特に男性社員は「嬉しい」と大騒ぎかもしれません。しかし、女性社員は色々注意をする必要があります。

若い女性への態度によって、あなたの印象も変わるのです。下手に接してしまえば、「嫉妬している」とレッテルを張られてしまうかもしれません。

職場へ若い女性が入社した時に、女性社員がとるべき態度についてご説明いたします。

職場に若い女性が入ると嬉しいと男性社員は感じる?

男性社員に職場に若い女性が入った時の気分をアンケート調査したところ「かわいい子なら歓迎」がトップでした。ちなみに300人中108人がこの回答を選んでます。

これだから男はなあ〜という女性陣ため息が聞こえそうですが、2位は「特に何も思わない」そうです。

女性にとっても意外な結果です。若い女性だからといって優遇される時代ではないのかもしれません。それが如実に現れているのが「優秀な子なら嬉しい」という3位の結果でしょう。

バブル時代と違って、職場のアイドル的な女性よりも戦力となり、仕事を任せられる女性が求められる事態と言えるかもしれません。

しかし4位には「若ければどんな子でも嬉しい」という意見もあります。300人のアンケートに対して、28人が選んだ結果なので、単純計算で1割の男性は「若い女性」という事で喜ぶ人がいるという事実でもあります。

職場で若い女性が入って嬉しいと感じる女性社員もいる

男女平等と言われて久しいですが、職場でも何か女性的な事、例えば掃除や来客へのお茶出し、飲み会でのお酌などは、女性に役割が振られる事が多いです。

しかし、昔と違って、お茶くみや掃除だけしていても済む時代ではなく、女性社員はメインの仕事を熟しながら、こういった雑事を熟さなくてはいけません。

実際の所若い女性が入れば、こういった雑事から解放される女性社員もいるので、意外と女性社員も若い女性が入る事を歓迎したりします。

また飲み会の席では、上司傍に若い女性を配してしまえば、自分達は気兼ねなく飲む事が出来て気楽という点もあります。

若い女性社員に嫉妬するお局様なんて構図をよく思い浮かべる人が多いかもしれませんが、そういった面倒事から解放してくれる若い女性を重宝がる女性社員は少なくありません。

そういった意味では、期待から外れない限り若い女性は女性社員からも嫌われる事は少ないのかもしれません。

職場の若い女性を嬉しいと感じる男性社員への負の感情は封印しよう

女性社員が注意しなくてはいけないのが、男性社員が若い女性ばかりちやほやする態度にたいする負の感情です。

例えば嫉妬といってもいいかもしれませんし、単にムカっとくるだけかもしれません。

しかし、そういった感情を若い女性にぶつけてしまうと、周りはすぐにあなたを「嫉妬深い」と感じてしまいます。人間はパターンに物事をはめ込んで理解するのが大好きなので、下手をすると「意地悪女性社員」と「いじめられる若い女性」と認識されると大変です。

例えば必要な事で若い女性を叱ったとしても、それを「嫉妬しているから」と曲解されかねないのです。

そもそも、デレデレするのは男性であり、若い女性は何もしていないのであれば、若い女性にイライラをぶつけるのは間違いです。

イラっとする感情の処理に困ったら、若い女性でなくその社員当人に返すようにしましょう。ただ男性社員も誤解されると面倒なので、そのうち治まると割り切ってしまうのもいいかもしれません。

若い女性との良い関係を築く事が、職場でのイメージアップに繋がる

どこの職場でも姉御肌タイプの女性というのは好感度が高いのです。

若い女性というのは、入ったばかりの職場で気を遣う事も多くて、結構苦労しています。周りからちやほやされているように感じるかもしれませんが、当人は気づまりなんて事もあるのです。

そこに頼れる女性として、若い女性をサポートしてあげるといいでしょう。

若い女性といい関係を築く事が出来ると、若い女性からもあなたへの評判が他の人へとフィードバックされて、それが好印象につながる事もあります。

女性というのは女性に対して厳しい感情を持つ事もありますが、逆に一度女性同士気が合うとそれは男女の恋愛関係よりも密接になれる事もあります。

また単純に人に頼られる人というのは、それだけでも人間としてレベルアップしたと言えるのではないでしょうか?

もしかしたら今があなたのレベルアップのチャンスかもしれません。

若い女性だからといって、新入社員には変わりない

職場に若い女性が入ってくると、特に若い女性がいない、もしくは少ない会社では色々と騒がれるかもしれません。もしくは騒がれると思われるかもしれません。

しかし実際の所、かわいくなければ対応が普通という男性が多く、若い女性という属性に反応するのは大体1割程度の男性でしかありません。

女性社員は若い女性を敬遠すると思われがちですが、実際の所自分の雑務を引き受けてくれる人間が来たと喜ぶ人も少なくないでしょう。ただし女性社員が若い女性にデレデレする男性社員に対する負の感情をぶつけるようになると、変なレッテルが張られてイメージダウンしてしまうかもしれないので注意が必要です。

どうせならば、頼れる先輩として若い女性に接する事で、会社でのあなたのイメージアップにもつながり、また人間としてレベルアップするいい機会だと思います。是非頼れる先輩として接してあげてください。

 - 職場の人間関係に関するお悩み