仕事のお悩み解決所

会社に行きたくない!会社を無断欠勤したくなった理由とは

2017.6.19

会社で働いていると無断欠勤をして休みたいと思うこともありますが、人によって理由は様々です。

確かに仕事は大変ですしそれぞれが辛くても仕事を頑張っているので、時には休みたいと思うことは理解できます。

ただ無断欠勤はしてはいけないと思うほどプレッシャーを感じるので、余計無断欠勤をして休みたいという衝動に駆られてしまいます。

そこで会社を無断欠勤したいと思う理由について紹介します。


会社を無断欠勤したくなる理由はストレスを感じたから

会社を無断欠勤したいと思う理由のひとつに、会社でのストレスが大きく影響をします。

仕事をしているとストレスを感じることが多いですが、誰でも仕事でストレスは感じるものです。

ストレスの感じない仕事は楽しいかもしれませんが、やりがいが無かったり達成感を味わえないという人もいるでしょう。

仕事では給料以外にやりがいを求める人も多く、そのためストレスを受けることも多々あります。

また逆に仕事は収入を得るためだけの手段だと思っている人は、仕事が辛いとすぐにストレスを感じてしまいます。

辞めたいけど生活のために仕方なく働いているので、余計ストレスを感じやすくなるのです。

休みたくても仕事を休めない人も多く、無理をして働いている人にとっては、無断欠勤をすればストレスから解放されるかもしれないという思いもあるでしょう。

会社を無断欠勤することでストレスから解放されるという思いが、時には無断欠勤をして休みたいと思わせるのです。

会社を無断欠勤したくなる理由は仕事がつまらないから)

会社を無断欠勤したくなる理由としては、仕事に対してのモチベーションが低いので、仕事がつまらないと感じているからです。

自分がやりたい仕事をすることで楽しんで作業をすることができますが、生活のために仕方なく仕事をしている人もいるでしょう。

仕事は生活のために辛くてもやらなければなりませんが、自分がやりたくないと思うような仕事ばかりしていると、モチベーションもだんだんと下がってしまいます。

仕事がつまらないと感じると会社に行きたくないという思いが強くなり、朝起きた時に無断欠勤をして休みたいという思いが頭をよぎります。

自制心があるうちは何とか頑張って仕事に行きますが、毎日辛い仕事やつまらない仕事ばかりでは、いつか自制心が効かなくなって開き直ってしまうでしょう。

会社を無断欠勤したいと思うのは、仕事自体に興味が薄い可能性が高いので、会社への愛着や仕事への興味がないことが考えられます。

会社を無断欠勤したくなる理由は人間関係が辛いと感じるから

会社を無断欠勤したいと思う理由としては、職場での人間関係に悩んでいることが考えられます。

職場では幅広い年代の人と一緒に働くので、中には自分とは相性が悪い人とも仕事をしなければなりません。

仕事なので好き嫌いはできませんし、相手の立場の方が上だと反論することすらできないでしょう。

職場の人間関係で悩んでいる人は多いですが、ふとした瞬間に人間関係ではなく仕事自体が嫌に思えてしまいます。

会社に行くこと自体が嫌だと感じてしまうことで、人間関係だけでなく仕事自体も嫌だと思うのです。

無断欠勤をしてでも会社に行きたくないと思うくらい、人間関係の悪化は人を精神的に追い詰めてしまいます。

できれば誰とでも仲良く仕事はしたいものですが、人間関係の悪い職場ほど無断欠勤をしてでも行きたくないと体が拒否反応を示すこともあります。

人間関係は簡単には修復することができないので、長い時間一人で悩み続けた結果、無断欠勤をしてでも会いたくないと思うまで精神的に追い込まれてしまうのです。

会社を無断欠勤したくなるのは寝坊して開き直った時

実際に会社を無断欠勤してしまった理由として多いのが、寝坊をしてしまったことで開き直ってまた寝てしまったという人もいます。

もしも寝坊をしてしまった時は、気づいた瞬間の慌てて仕度をするでしょう。

しかし普段からストレスを多く感じている人は、会社や仕事へのモチベーションが低いので、仕事への責任感も薄れてしまっています。

そのため寝坊をしてしまった時に慌てて仕度をするのではなく、どうせ寝坊をしてしまったからそのまま現実逃避をして、寝てしまおうと思ってしまいます。

遅刻をすれば連絡が掛かってきますが、寝ていれば気にする必要もないですし、後で寝ていたと言えば済むと思っています。

例え怒られたとしても仕事への執着心が無いので、辞めればいいと思っている部分もあるのかもしれません。

実際に無断欠勤をしてしまった時は、寝坊したことをきっかけに普段できない二度寝をしたことで、無断欠勤をしてしまうことも多いのです。

日頃からのストレスが原因となりますが、一時のストレス解消法として無断欠勤をしようと思うのです。

会社を無断欠勤したくなるのは仕事を楽しんでいない証拠

会社を無断欠勤しようと思う理由はいろいろありますが、多くの人は実際には実践しないで踏みとどまるでしょう。

しかし職場でのストレスや人間関係によっては、自分を守るために仕事へ行きたくないという思いも強くなっていきます。

そのため無断欠勤をしたいと思うだけだったのに、実際に行動に移してしまうまで精神的に追い込まれてしまうのです。

普段からストレスはしっかりと発散をして、モチベーションを高く維持して仕事をしたいものです。

ここまで書きましたが、会社を無断欠勤したくなる理由は誰にでも理解できるはずです。

実際には行動に移さなくても無断欠勤をした人の気持ちを理解するこはできるので、それだけ多くの人がストレスを抱えていることがわかります。

最後まで読んでくれた方も会社では上手くストレスを発散して、無断欠勤を実行に移さなくてもいいように、仕事を楽しんでもらいたいと願っています。

 - 仕事のミス・失敗に関するお悩み